Bilbao What to See

【スペインバスク】ビルバオのおすすめ観光スポット5選を紹介

Introduction

バスク地方最大の都市 スペインビルバオの観光スポットを紹介します。

定番から穴場まで、見に行くところは色々あります。 中心部から遠くても片道1時間程度で行けるところでまとめました。

ビルバオおすすめの観光スポット 5選

ビルバオで訪れるべきおすすめ観光スポットは以下の5箇所です。

1. グッゲンハイム美術館

2. ビスカヤ橋

3. ガステルガチェ

4. アスクナ セントロワ

5. ズビズリ橋

街もきれいで治安も良く、特に建築好きの方にはビルバオはたまらない都市だと思います。

それぞれの観光スポットについて詳しく説明していきます。

1. ビルバオ グッゲンハイム美術館

グッゲンハイム美術館に訪れることを目的にビルバオを訪れる方も多いのではないでしょうか。

ビルバオを代表する観光スポットです。

世界的に有名な建築家 Frank O Gehryによる設計の一つで、彼の代表作ともなっており、特に建築好きな人には世界の建築の中でも見てみたいスポットの一つだと思います。

空港からビルバオ市街地へ向かうバスの中からも見えます。

建物内部だけでなく、建物周囲にも様々な作品が展示されています。

六本木ヒルズにもある彫刻作品

日本人にも馴染みがある作品としては、女性彫刻家Louise BourgeoisMamanという蜘蛛の彫刻です。

世界に同じ7体のMamanが存在し、イギリスのテートモダンや日本では六本木ヒルズに作品があります。

訪れた際にはぜひ探してみてください。

施設概要

美術館の入館料はガイド付きで大人一人あたり16.00€ (当日窓口で購入する場合は18.00€)になります。(日本語音声ガイドは用意なし)

毎週月曜日が美術館の休館日なので、中を見たい方は訪れる日も注意しましょう。

ビルバオ グッゲンハイム美術館 公式ホームページはこちら

https://www.guggenheim-bilbao.eus/en

公式ホームページからチケットの予約購入や開催中の展示の確認ができます。

2. ビスカヤ橋

ビスカヤ橋(Vizcaya Bridge)はユネスコ世界遺産にも登録されている世界最古の運搬橋です。

ビルバオ市内からメトロを利用して30分程度で行くことができます。

世界遺産ながら運搬橋としては絶賛稼働中で、実際に乗り物に乗って渡ることができます。

片道0.40€でBarikカードが利用できます。

上のビスカヤ橋の写真はゲチョ地区のAreeta側から撮ったものです。

展望台へアクセスできる受付があるのは川を渡ったポルトゥガレ地区からの方になっています。

3. ガステルガチェ

ガステルガチェ(Gaztelugatxe)はビルバオ市内からバスで1時間程度のところにある人気スポットのひとつです。

日本人はあまり訪れない場所ではありますが海外ドラマの「Game of Thrones (ゲーム オブ スローンズ)」のロケ地にも使われており、多くの人が集まる観光地になっています。

歩道は整備されていますがかなり斜面が急なので足腰の弱い方は避けた方が良いです

ヒールなどはもちろんNG、動きやすい靴でいきましょう。

夏季とそれ以外のシーズンでアクセス方法が少し異なり、夏季シーズン中はビルバオ市内からガステルガチェまでの直行バスが出ています。

4. アスクナ セントロワ

アスクナ・セントロア(Azkuna Zentroa)はビルバオ市内にある図書館やジム・プール、地下にはシネマが入っている複合文化施設です。

元々ワイン工房として使用されていた建物を改修して使用されている施設で、外観からは想像できない様な面白い作りとなっています。

基本的に図書館やジムなど、地元の人で賑わう場所となっていますが観光客でも出入りができるので訪れた際は図書館など中に入って回ってきました。

屋上には屋内プールがあり、一部ガラス張りになっているので下から人が泳いでいるのが見えたりするのが面白いです。

施設概要

基本的にオープンスペースとなっているので入場は無料です。

企画展なども開催されていたりするので、建築やアートが好きな方におすすめのスポットになります。

アスクナ セントロワ 公式ホームページはこちら

https://www.azkunazentroa.eus/az/ingl/home

5. ズビズリ橋

ズビズリ橋(Zubizuri Bridge)はビルバオ市内にある歩行者用の橋です。

世界的建築家 サンティアゴ・カラトラバ(Santiago Calatrava)による設計で、造形の美しい吊り橋となっています。

また、上の写真の後ろに見えるツインビルはイソザキタワーと呼ばれ、日本人建築家 磯崎新による設計となっています。

グッゲンハイム美術館からも歩いていける位置にあるので建築・土木構造物好きの方は訪れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ビルバオを代表するスポットでもあるのでグッゲンハイム美術館は是非訪れてみてください。

丸々1日使えるのであればガステルガチェやサンセバスチャンに足を伸ばしてみるのも良いと思います。

個人的にはサンセバスチャンは泊まりで行くことをおすすめします。

他にもバスク関連の記事があるので合わせて読んでみてください。